WEBデザイン・システム開発・サイト運営など、WEBサイト総合サービス企業 ウェブティ株式会社

ヘッドライン

日本地質学会-公式サイト
オープンファイル カテゴリ 出版物
オープンファイルとは オープンファイルは,受理論文から,生データ部分(調査・実験・解析・計算等の一時データや事実の記載等)を著者の希望に応じてホームページに掲載するものです.印刷上限をオーバーする場合だけでなく,誌面のスリム化にも役立ちます.膨大なデータをご用意されている場合には,投稿編集出版規則のオープンファイルの細則をご参照のうえ、編集委員会に申し出て下さい.投稿編集出版規則:オープンファイルの細則(PDF)はコチラからオープンファイル53vol.123,no.11(2017.11月号)志村ほか p.925-93752vol.123,no.10(2017.10月号)小山内ほか p.879-90651vol.123,no.9(2017.9月号)古澤 p.765-77650vol.123,no.9(2017.9月号)川㟢 p.699-706
オープンファイル詳細 カテゴリ 出版物
オープンファイルFileNo53:vol.123,no.11論説:紀伊半島中央部に分布する四万十帯白亜系麦谷層の地質と砕屑性ジルコンU-Pb年代志村侑亮・常磐哲也・竹内 誠・山本鋼志(vol.123,no11,p.925-937)AppendixLA–ICP–MSU–Pbisotopicdata.Rejecteddataareshowningraycolor,notusedintheanalysesoftheprobabilitydensityplotandhistogram.206Pbc:common206Pb. FileNo52:vol.123,no.10総説:島弧-大陸地殻深部現象の研究進展:超高温変成作用の精密解析小山内康人・中野伸彦・足立達朗(vol.123,no10,p.879-906)Figs.S1-S4,TableS1Fig.S1.Distributionof
醵金者名簿 カテゴリ 学会創立125周年記念
日本地質学会創立125周年記念事業への醵金者(個人会員,賛助会員,企業・団体)※2017年11月30日現在(敬称略・50音順) 現時点での醵金者は次のとおりです。創立125周年記念事業に対しご寄付を賜り、厚く御礼申し上げます。今後とも何卒ご協力をよろしくお願いいたします。■個人会員・・・寄付申込者も含む(1口5千円以上 計125名 357口)名誉会員(10口)石原舜三 岡田博有 山田直利(6口)波田重煕(5口)水谷伸治郎(4口)沖村雄二 志岐常正 柴田賢 鈴木堯士(2口)秋山雅彦 佐藤正 原郁夫 水野篤行(1口)星野通平正会員 (20口)石渡明(10口)佃栄吉 矢島道子(6口)天
Geo暦(2018) カテゴリ 地質学会とは
2018年Geo暦(行事カレンダー) 2008年版  2009年版  2010年版  2011年版  2012年版  2013年版2014年版  2015年版  2016年版  2017年版  ------------      2019年版2017年版  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月   ○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛1月January 日本学士院 ダン・マッケンジー客員教授来日記念講演「創始者が語るプレートテクトニクス50年」1月11日(
Geo暦(2017) カテゴリ 地質学会とは
2017年Geo暦(行事カレンダー) 2008年版  2009年版  2010年版  2011年版  2012年版  2013年版2014年版  2015年版  2016年版  ------------      2018年版2017年版  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月   ○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛1月January (協)第14回岩の力学国内シンポジウム:JSRM20171月10日(火)〜12日(木)会場:神戸大学百年記念館
公募・助成情報 カテゴリ 地質学会とは
公募・助成情報※( )内の日付は募集締切です公募情報(17.12.4更新) 山梨県富士山科学研究所非常勤研究員(火山防災研究部)募集(1/26)NEW苫小牧市美術博物館学芸員(自然科学担当)公募(12/18)産総研ポスドク(イノベーションスクール生)公募(18/1/3)    -->公募説明会::12/6(水)14:00〜 場所:産総研さくら館B棟研修室九州大学大学院理学研究院化学部門or地球惑星科学部門助教(女性)(12/15)JAMSTEC数理科学・先端技術研究分野主任研究員or主任技術研究員(12/18)電力中央研究所研究員(地質分野)公募(決定次第締切) 各賞・研究助成・共同利用等(17.11.9更新) 第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成(2/7)NEW「消防防災科学技術研究推進制度」平成30年度研究開発課題の募集(12/20)山田科学振興財団2018年度研究援助候補推薦(学会締切/1/29)
役員 カテゴリ 地質学会とは
学会概要役 員理 事任期:2016年5月21日〜2018年総会会長(代表理事)渡部芳夫(産業技術総合研究所)副会長山本高司(川崎地質?)松田博貴(熊本大学)常務理事齋藤 眞(産業技術総合研究所)副常務理事安藤寿男(茨城大学)執行理事【運営財政部会】緒方信一(中央開発(株))・西 弘嗣(東北大学)【広報部会】坂口有人(山口大学)・小宮 剛(東京大学)・内藤一樹(産業技術総合研究所)【学術研究部会】岡田 誠(茨城大学)・山田泰広(海洋研究開発機構)【編集出版部会】中澤努(産業技術総合研究所)・田村芳彦(海洋研究開発機構)【社会貢献部会】平田大二(神奈川県立生命の星・地球博)・杉田律子(警察庁科学警察研究所)・廣木義久(大阪教育大学)・辻森 樹(東北大学)理 事天野一男(日本大学)有馬 眞(放送大学)市川八州夫(応用地質?)井龍康文(東北大学)上砂正一(環境地質コンサルタント)
125周年TOP カテゴリ 学会創立125周年記念
創立125周年WEBsite 日本地質学会は 2018年に創立125周年を迎えます記念事業への寄付はこちから受付けています  [更新情報]17/11/10会員証(会員カード)をお送りします NEW17/11/07コラム:トリビア学史13 地方で生きる:福井県の場合 17/10/17記念出版「はじめての地質学」17/10/17学会オリジナルクリアファイル17/10/13コラム:トリビア学史12 誤りは早く直しましょう17/09/26コラム:トリビア学史11 新島襄と地質学17/08/09コラム:トリビア学史10 韃靼の地質調査—榎本武揚,オッセンドフスキ17/08/09コラム:トリビア学史9 1893(明治26)年吾妻山爆発にともなう地質学者の殉難17/06/19コラム:トリビア学史8 傍系の地質学者 篠本二郎(1863-1933)17/05/16会
ジオルジュ カテゴリ 学術大会
ジオルジュジオルジュは日本地質学会の広報誌です.グラフィカルな誌面で地球科学の最前線をわかりやすくお伝えします.サイエンスライターによる記事とプロ写真家のジオフォトによる全く新しいスタイルの雑誌です.ジオパーク,博物館,オンラインストアで販売中.▶▶ 一括割引購入のご案内ジオルジュ2017後期号  2017年11月発行1.溶岩トンネルから空を見上げる2.地すべり地帯に住む3.「ブラタモリ」のつくりかた!4.海の中で発見された大陸「ジーランディア」分裂と水没の謎をさぐる5.下北ジオパークー恐山と津軽海峡の本州最北の地6.地球の息吹を感じる島7.台湾の地震被災地から学ぶ ジオルジュ2017前期号  2017年5月発行1.地球の風景チバニアン、それともイオニアン2.絶海の火山島噴火後の世界-西ノ島の上陸調査で見た景色-3.「怪異」の正体は古生物だった!?4.地球儀の老舗「渡辺教具製作所」見学リポート5.BAR
会議の予定 カテゴリ 地質学会とは
会議の予定(2017年度)執行理事会■2017年度第6回執行理事会 日時 2017年12月2日(土)10:00〜 会場 北とぴあ 901会議室(東京都北区王子) ■2017年度第7回執行理事会 日時 2018年1月 会場 学会事務局 理事会■2017年度第2回理事会 日時 2017年12月2日(土)14:00-17:00 会場 北とぴあ 901会議室(東京都北区王子) ■2017年度第3回理事会 日時 2018年4月7日(土)14:00-17:00 
問い合せ画像バナー
アースキーパーメンバーシップ

アースキーパー
メンバーシップに
登録しました。

- 東日本大震災復興支援 -
岡山市民キャンペーンロゴ

東日本大震災復興支援 岡山市民キャンペーン
取扱クレジットカード
クイックお問い合わせ画像バナー

更新情報

2017年06月06日
業務実績を更新
2014年09月03日
業務実績を更新
2014年08月22日
沿革を更新致しました
2014年08月04日
業務実績を更新
2014年07月31日
業務実績を更新
2014年07月01日
業務実績を更新
2014年06月02日
業務実績を更新
2014年05月21日
業務実績を更新
2014年05月14日
業務実績を更新
2014年03月05日
業務実績を更新
更新情報一覧のRSS画像バナー
ページトップへ画像ボタン