Markdownを書くのが楽しくなるAtomのPackage10選

Markdownを書くのが楽しくなるAtomのPackage10選

Atomとは?

GitHub製のIDEです。Atomを編集するならこのエディタが一番だと思います。

こちらから、無料でDLできます。

Packageのインストール方法

左上のある「file」-> 「setting」->「install」の順に移動し、自分がインストールしたいPackageを検索することでPackageをインストールすることができます。

japanese-menu

Atomを日本語化するPackageです。

markdown-preview-plus

mdをpreviewすることができます。 HTMLへの返還なども可能です。

markdown-scroll-sync

エディターをスクロールするとpreviewも一緒にスクロールしてくれるPackageです。 previewを見ながら編集できます。

markdown-toc

目次を自動生成してくれるPackageです。 長文を書いたときに目次があると非常に読みやすくなります。

markdown-table-formatter

テーブルを自動で成形してくれるPackageです。 素のmdでもテーブルが見やすくなります。

markdown-pdf

mdをPDFへ変換することができるPackageです。 md previewerなどを持っていない相手に渡すときにPDFに変換しとけば、誰でも読めるフォーマットにできるので便利です。

pandoc-convert

mdをhtml, PDF, docx(Word), Texなど様々なファイル形式に変換することができるPackgeです。 長い文章などもmdで書いてからdocxに変換して、編集したりしています。

Highlight Selected

選択した文字列と同じ部分すべてにハイライトすることができるようになるPackageです。。

show-ideographic-space

全角スペースを視覚化することができるPackageです。 これで、全角スペースを探す作業とはおさらばできます。

autocomplete-modules

予測変換による入力補助を行ってくれるPackageです。 開いている他のファイルなどの関数名なども予測変換することができて、readmeなどのドキュメント作成時にかなり役に立ちます。