Python入門 – 30分でPythonを読めるようになる!

Python入門 – 30分でPythonを読めるようになる!

Pythonのここがすごい!

  • 平均年収ランキング2016 1位!
  • Googleの公用語
  • AIが作れる
  • PHPよりも早い
  • 比較的短いコートで実装できる
  • 可読性が高い
  • 学習コストが少ない

ここがダメ

  • みんなやらない

この記事は

茶番は、ここまでにして…

Pythonって素晴らしい言語ですよね。

Deep Learningが出来たり、YoutubeやInstagramなどのWEBアプリケーションなども作成もできるんです。

けど、Python書ける人少ないのが現状です…

先ほども上げてましたが、Pythonは、可読性が高いのも特徴の一つです。

なので、プログラムが多少書ける方とかだと、学習コストが少ないですし、プログラム未経験者でも、比較的簡単にマスターできる言語だと思います。

プログラムが多少書ける人が30分でPythonも書ける!とまでは、行かなくても、30分でPythonも読める!といえる人に進化しましょう!

今はやりのAIブームにのかっていきたい方、Pythonを勉強したい方、必見です。

ターゲット層

  • プログラムが多少書ける人

30分でPythonを読めるようになる!

文字コードを指定する

いわゆる魔法の言葉です。

変数を定義する

変数を定義する際に、CやJavaのように変数型を定義する必要はありません。

;(セミコロン)は必要ない

行の最後に;(セミコロン)は必要ありません。
改行がその代わりになります。
もちろん、あっても大丈夫ですが、必要はありません。

インデントでステートメントブロックを表現する

{}の代わりに半角スペース4つでインデントされた行がステートメントブロックになります。

関数を定義する

defで関数を定義します。

コメントアウトする

# でコメントアウトします。

this ではなく self

classで自分を参照する場合、CやPHPのようにthisではなく、Rubyのようにselfを用います。

最後に

上記の7項目を知っていれば、Pythonは大体読めるようになっていると思います。

あと、Python2.xとPython3.xは、全く別物です。