最低工数でWPのローカル環境を構築する!

最低工数でWPのローカル環境を構築する!

ローカルに自分のサイトを構築しておくと、オフラインでの作業や大規模な更新、構築などのテスト環境として利用でき非常に便利です。

今回は、最低工数でWPのローカル環境を構築する方法を紹介したいと思います。

下準備

HPのバックアップをDLする

FTPやご契約しているサーバーのコントロールパネルなどを利用して、HPのバックアップをDLしておいてください。

BDのバックアップをDLする

ご契約しているサーバーのコントロールパネルやphpMyAdminなどを利用して、BDのバックアップをDLしておいてください。

phpMyAdminの場合は、ログインした後、バックアップをとるBDを選択後、右画面の真ん中の辺りにあるエクスポートのタブからバックアップを作成することができます。

ローカル環境の構築

今回は、xamppを使います。公式サイトから自分のOSに合ったインストーラーをDLしてください。

DLが完了したら、インストーラーを実行し、xamppをインストールします。

インストールが完了するとコントロールパネルが表示されると思うので、「Apache」と「MySQL」の横にある「Start」ボタンをクリックしてください。

次に、事前に作成しておいたHPのバックアップを「C:\xampp\htdocs」に設置します。

「http://localhost/phpmyadmin/index.php」にアクセスします。

左のメニューにある「NEW」をクリックして、BDを作成します。※バックアップを取ったBD名と同じ名前にした方が好ましいと思います。

作成したDBを選択後、右画面の真ん中の辺りにあるインポートのタブからバックアップしておいたSQLファイルをインポートできます。

インポート後、WPの設定テーブル(デフォルトでは、wp_options)にある「siteurl」,「home」を「http://localhost」に変更します。

先ほど、設置したwpのファイルにある「wp_config.php」を開き、以下のように変更します。


設定は、これで完了です。あとは、「http://localhost/」にアクセスして、正常に表示されれば、WPのローカル環境の完成です。

スマホからアクセス

スマホなどからサイトにアクセスしたい場合は、PCと同じWi-Fiに接続した状態で、PCのローカルIPにアクセスすれば、確認することができます。 ※PCのローカルIPは、Windowsの場合、左下のWindowsマークを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択し、「cmd」と入力します。そのあと、黒い場面が出てくるので、「ipconfig」と入力し、ipv4に記されている数字がそのPCのローカルIPになります。