django-import-exportの使い方

django-import-exportの使い方

DjangoのモデルをCSVしてインポート・エクスポートできるライブラリ「django-import-export」の紹介です。

インストール

pipを用いてdjango-import-exportをインストールします。

setting.py

setting.pyにimport_exportを追加します。

管理画面用CSS

管理画面用CSSをmanage.pyのcollectstaticオプションで準備します。

Djangoの起動

runserverオプションなどでDjangoを立ち上げ管理で各モデルにCSVの入力出力があればOKです。

最後に

Microsoft Office(Excel)でUTF-8を開くと文字化けしてしまうので、他のソフトで編集する必要があります。

参考サイト