Instagram Graph API v6.0 を使ってインスタの投稿を埋め込む方法

Instagram Graph API v6.0 を使ってインスタの投稿を埋め込む方法

どうもこんにちは塚本です!

ついに、2020年3月2日
既存のInstagram APIが廃止になります。

従来の方法だとHP内に埋め込んだインスタの投稿は見れなくなってしまうので、
Instagram Graph APIへ移行していく必要があります。

社内で共有・URL生成を楽にできるようにドキュメントを作ったので
一部をスタッフブログに公開しようと思います。

※ブログでは自動生成とかできないのでURL頑張ってコピペしてやってください、、

Instagramをプロアカウントへ切り替える

  1. 自分のスマホでInstagramへログインをする

  2. 「設定」→「アカウント」へ

  3. 「プロアカウントへ切り替える」

Facebookページを作成する

  1. Facebookへログインして、トップナビの「作成」から「ページ」を作成する

  2. 「ビジネスまたはブランド」でスタート
    流れに沿って登録していく。
    途中の都道府県の入力欄で、都市名はローマ字にしないと登録できないときがあります。

作成したページにアクセスしてInstagramと紐付ける

  1. ページの「設定」画面へ移動

  2. 「Instagram」から「アカウントをリンク」
    先程、スマホでログインしたアカウントで認証する

Facebookアプリを作成

  1. Facebook開発者ページにアクセス

  2. 新規アプリを作成する
    後は流れに沿って入力

アクセストークンを発行する(ここから要メモ)

アクセストークン(1段階目)

  1. Graph APIエクスプローラーにアクセス
    「Facebookアプリ」で先程作成したアプリを選択する

  2. 「Get Access Token」を押す
    そうすると、「許可を追加」と出てきます。

  3. 「許可を追加」に下記4つの項目を入力して追加する
    ・business_management
    ・pages_show_list
    ・manage_pages
    ・instagram_basic

  4. 「Get Access Token」を押す
    ↓メモに使って下さい

    アクセストークン1

アクセストークン(2段階目)

  1. 「マイアプリ」から作成したアプリへアクセス

  2. 「設定」→「ベーシック」にアクセス
    “アプリID”と”app secret”を控える

    ↓メモに使って下さい

    アクセストークン1
    アプリID
    app secret
  3. URLをつくってアクセス

    https://graph.facebook.com/v6.0/oauth/access_token?grant_type=fb_exchange_token&client_id=[アプリidをコピペ]&client_secret=[app secretをコピペ]&fb_exchange_token=[アクセストークン1をコピペ]

  4. “access_token” : “~~~~”をコピーしてください。
    これがアクセストークン2になります。↓メモにどうぞ

    アクセストークン2

アクセストークン(3段階目)

  1. アクセストークン2を使ってURLをつくってアクセス
    https://graph.facebook.com/v6.0/me?access_token=[アクセストークン2をコピペ]

  2. IDをコピーする

    ID
  3. アクセストークン2とIDでURLをつくってアクセス
    https://graph.facebook.com/v6.0/[idをコピペ]/accounts?access_token=[アクセストークン2をコピペ]

  4. アクセストークン3を取得してください。
    “access_token” : “~~~”をコピー
    どこを見ればよいかはこういうサイト で name : “~~~~” の中のUnicodeをデコードしてみてください。
    ちなみに、ウェブティだと「\u30a6\u30a7\u30d6\u30c6\u30a3」になります。数が少なければこれでなんとかしましょう。
    弊社では数が多かったので、json_decodeとかを使って見やすく調整しました。

    こちらのアクセストークン3を最終的に使用します。

Instagram Business Accountの作成

  1. Graph API エクスプローラーにアクセス
    青枠のところへ「me?fields=accounts{instagram_business_account,name}」と入力してエンター
    オレンジ枠がひとかたまりです。赤線で示している部分のIDをコピーしてください。

    ↓メモに使って下さい

    アクセストークン3
    ID

    お疲れ様でした!これで最後です。アクセストークン3と直前に取得したIDを使って画像を取得します。

インスタの画像をとってくる

php
動画にも対応してます


<ul class="insta__wrap">
<?php
    $insta_media_limit = 'とってきたい件数';
    $insta_business_id = '最後にとってきたIDをいれてください';
    $insta_access_token = 'アクセストークン3をいれてください';

    $json = file_get_contents("https://graph.facebook.com/v6.0/{$insta_business_id}?fields=name%2Cmedia.limit({$insta_media_limit})%7Bcaption%2Cmedia_url%2Cthumbnail_url%2Cpermalink%7D&access_token={$insta_access_token}");

    $json = mb_convert_encoding($json, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN');
    $obj = json_decode($json, true);

    $insta = [];

    foreach ($obj['media']['data'] as $k => $v) {
        if ($v['thumbnail_url']) {
            $data = [
                'img' => $v['thumbnail_url'], // 投稿が動画だったらサムネURLを入れてます
                'caption' => $v['caption'],
                'link' => $v['permalink'],
            ];
        } else {
            $data = [
                'img' => $v['media_url'],
                'caption' => $v['caption'],
                'link' => $v['permalink'],
            ];
        }
        $insta[] = $data;
    }
    foreach ($insta as $k => $v){
        // ひとます最低限、画像だけ出してます
        echo '<li class="insta__item"><img src="'.$v['img'].'"></li>';
    }
?>
</ul>

style


.insta__wrap {
  padding: 0;
  margin: 0;
  list-style: none;
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
  justify-content: center;
}
.insta__item {
  margin: 1rem;
}

こんな感じでやればそれっぽく表示できるかとおもいます。
ご自由にカスタムして使ってみて下さい☆